宮城谷三国志全12巻をすべて異なる書店で買う
三国志の文庫版の発売にあたり、ただ全巻そろえるのも芸がないと思い、12冊すべて異なる書店で買おうと考えた。しかしながら、何分行動範囲が狭いもので、出張先や旅行先で買ったりして、思いついてから2年以上かかってしまった。
第1巻:本は心の旅路・有隣堂 記念すべき1冊目は有隣堂。カバー色は自分で決めることができるのはうれしい。小説の始まりは、四知。天知る地知る我知る汝知る。悪事は必ず露見する。
第2巻:いけだ書店 今はもうない。駅から近くて便利だったのに。最終章で黄巾が描かれる。
第3巻:平安堂 肉屋の活躍
第4巻:本読む楽しさが広がるなら、紙でも電子でもいいと思う。三省堂書店 駅から近いが、閉店時間が早く、利便性は低い。兵は拙速を尊ぶ。曹操×呂布
第5巻:紀伊国屋 出張先で購入 蜂蜜の活躍
第6巻:パルコブックセンター エキナカ 赤壁の戦い
第7巻:アシーネ My Private Library Style BOOKS Store 劉備と孫夫人。中国は昔から夫婦別姓
第8巻:文教堂 どこで買ったのか忘れた。禅譲。曹操は周文王に倣い、皇帝にならなかったところがいいんだよな~
第9巻:未来屋書店 出張先で購入。泣いて馬謖を斬る。劉備のほうが人を見る目があったということか
第10巻:本とのふれあい大切に!文化の泉 川又書店 秋風五丈原
第11巻:イトーヨーカドー 曹氏一門×司馬父子
第12巻:株式会社島田書店 三国時代の終焉
[PR]
by ysteio | 2015-12-02 18:31 | ワイエステイオーIN db
<< みちのく銀行 リーグ戦6部の怪 >>